実践型の広報PR人材育成プログラム

広報人倶楽部

こんな疑問にお応えします。

  • Q なぜ、あの会社は、良質な製品・サービスが開発できるのか?
  • Q なぜ、あの会社の製品やサービスは、よく売れるのか?
  • Q なぜ、あの会社は、採用がうまく離職率も低いのか?
  • Q なぜ、あの会社は、たびたび報道されるのか?
  • Q なぜ、あの会社には、資金が集まるのか?
  • Q なぜ、あの会社は、ブランドが確立できたのか?
Image

広報PR機能をインストールすれば 全ての疑問が解決します。

広報PRの目的や実務をご存じですか。
言葉としては使っていても、本質を深く知らなければ正しく実践することはできません。
大手・有名企業には必ず広報部があります。大手や有名だから広報しているわけではありません。大手になる前から、 有名になる前から実践し、そして今も変わらず続けているのです。
彼らは情報発信の基本を忠実に行ってきました。「表・裏の情報を見える化して、内外に伝える」ことを続けてきました。
情報発信の基本を実施するために必要なのが広報PR機能です。
選ばれ続ける企業を目指し、人材を育成し、広報PR機能をインストールしましょう。

さらに詳しく

#1 広報PRのノウハウを学び、スキルを身に付ける!

定期的なオンラインミーティング

担当者と定期的にオンラインミーティングを実施します。 学習内容やスキル習得の進捗を管理します。策定したPRプランの実施状況に基づいて助言・指導を行います。

全245講座、約33時間のeラーニング

「広報人 eラーニング・広報PR講座」は、広報PRの目的や実務を 学ぶために、全245講座(約33時間)で構成するeラーニングです。 「理論・基礎知識編」「組織能力編」は経営層やマネジメント層が 理解を深めるために、「実務能力編」は、実務者に向けた講座です。 さらに詳しく

Image

広報媒体作成のためのオンラインワークショップ

プレスリリースやニュースレター、ファクトブックといった広報媒体には 作り方や使い方の基本型があります。当オンラインワークショップは 1回3〜4時間で、広報媒体の作り方と使い方のスキルを身に付けることができます。 利害関係者やメディアに情報が正しく伝わるように、広報媒体を 正しく作り、正しく使いましょう! さらに詳しく

#2 身に付けたスキルを発揮する!

Image

誰でも、すぐに、NewsRoomを開設できるCMS

当CMSは、WordPressをベースに開発しているので、SNSを使える程度のスキルで簡単にNewsRoomを開設して運営することができます。NewsRoomを情報発信の中心に据えれば、発信、共有、蓄積できるだけでなく、マーケティングやSNS、採用などあらゆる シーンの情報発信で活用することができます。 さらに詳しく

#3 疑問や問題は、即座に解決する!

Image

全ての企業が正しく広報PRに取り組むために

広報PRの実務やNewsRoomの運営で困ったら、すぐに相談してください。広報人では、毎週定期的に誰でも利用できるオンライン相談ルームを開いています。リアルでは相談しにくかった、ちょっとした質問や疑問も早期に解決することで効率よく広報PRに取り組みましょう!

分かりやすい!サブスクリプションのワンプラン

1社3人まで参加可能!

¥ 55,000 /月 (税込)

個人・非営利組織は

¥ 33,000 /月 (税込)

プログラムの概要

ノウハウを学習する

  • 245講座のeラーニング
    • 基礎講座の予習・復習や日々の学習に。
  • 各種セミナー・交流会
    • 専門家や仲間との交流による学習に。

スキルを身に付ける

  • オンラインワークショップ
    • 広報媒体の作成の実務訓練。
  • オンライン個別相談
    • プランや実務の個別相談。

現場で実践する

  • 広報媒体の定期的作成
    • 実際に広報媒体を作成する。
  • 広報専用ウェブサイトNewsRoomの運営
    • 広報媒体を蓄積する。
    • 公式情報の共有と発信。

※実務オプションは、別途費用がかかります。(個別見積もり)

助成金を上手に活用しよう!

多くの企業が、年間平均100〜200万円の 助成金を活用しています。

NewsRoom CMSの機能

メールアラート

メールアドレス登録者に対して新しい記事を投稿した際にメールやLINE(要公式LINE)でお知らせるする機能です。

カテゴリー

記事をカテゴリーで分類できます。プレスリリースや働く人の声など、内容によって分類しましょう。分類した記事は、カテゴリーごとにソートをして一覧表示することができます。

画像・動画アーカイブ

画像や動画をアーカイブでTOP画面や各記事に表示することができます。 必要に応じて、報道関係者などがダウンロードして入手できます。

SNS表示

TwitterとFacebookの画面をTOP画面に表示することができます。 TwitterやFacebookのアカウントを所有していない人も閲覧することができます。

世界のNewsRoom

KOHOgene NewsRoom 注目の記事

メールアラートに登録する